以前 AzureのクラウドサービスにJava Runtime Environmentをインストールしましたが、前回 Chocolatey でパッケージ管理を試したので、ChocolateyでJREインストールしてみましょう。

下記な感じのスタートアップタスクを作成して、管理者権限で実行するように設定すれば完了です。

@echo off

if "%EMULATED%"=="true" goto :EOF

@powershell -NoProfile -ExecutionPolicy unrestricted -Command "iex ((new-object net.webclient).DownloadString('http://chocolatey.org/install.ps1'))" && SETX PATH %PATH%;%systemdrive%\chocolatey\bin -m

cinst javaruntime

 

こんな感じでインストールできました。

20130408_01

20130408_02

Tagged with:
 

Comments are closed.